カテゴリーアーカイブ 夢プロジェクト

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

夢学校「藍染め講座」参加者募集!

aizome_1aizome_2


6月6日(土)9~12時に、3~4年生を対象とした「藍染め講座」を開催します。

参加希望の方は、下記のフォームよりお申し込みください。


参加申し込みは締め切りました。

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

嶺小夢学校 講座・出前授業の開催提案募集中!

dreamschool1dreamschool2


嶺小夢学校での開催講座のご提案を募集しています。自薦・他薦は問いません。

「私が子どもたちに○○の講座を開いてあげるよ!」

「○○さんに△△の講座を開いて欲しい!」

「○○という企業がやっている△△の出前授業を受けてみたい!」

など、たくさんのご提案をお待ちしています!

(複数の講座をご提案いただく場合、お手数ですが、講座ごとに別々に申込みをお願いいたします。)


[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

嶺小「逃走中」 開催決定!

tosochu_1tosochu_2

『嶺小・逃走中』を、夢プロジェクトで開催します!

パパ・ママハンターや先生ハンターから、キミは逃げきれるか?!

参加希望の子は、パパ・ママにお願いをして、以下のフォームから申込みしてください。

保護者の方のサポーター登録も、合わせて募集中です!


【ご注意】

申込み完了後、ご入力いただいたメールアドレス宛に確認メールが送信されます。メールが届かない場合、[minesho-pto.com]からのメールを受信拒否する設定になっていないか、ご確認ください。また、開催前に追加案内のメールをお送りすることがありますので、ご了承ください。


エントリーの受付は終了いたしました。

 

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

「2014夏休み夢学校」アンケートにご協力ください

今夏の「夏休み夢学校」(嶺小版「夏のわくわくスクール」)は、昨年度の約2倍となる47講座63コマで開催され、のべ約1500名のお子さんに参加していただくことができました。

今夏は委員会活動から完全ボランティア制で運営されました。

また、講座申込をウェブ申込としたり、当落結果や当日の詳細連絡などをメールでご連絡する、等々、多くの初の試みがありました。

これら新しい試みに関してのご感想、また、来夏、更に充実した内容にすべく、みなさまから今夏のご感想、またご意見を賜りたく思います。

お子さんが講座を受講された方もされていない方も、どちらの方々からもご回答をいただきたく思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。

【締切:10月24日(金)】


「2014夏休み夢学校」 アンケート

アンケートの受付けは終了いたしました。

ご協力ありがとうございました。

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

『夏休み夢学校』に参加されるみなさんへ

dreamschool_01dreamschool_02

  •  講座名をクリックすると、各講座内容の詳細(PDF)を見ることができます。
  • 各講座内容の詳細(PDF)は、募集時点での情報です。最新の情報は、窓口サポーターからのメールをご確認下さい。

[table id=7 /]

 

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

『夏休み夢学校』開講予定講座一覧

2014_dreamschool

  • 講座名をクリックすると、各講座内容の詳細を見ることができます。
  • 各講座のお手伝いをしていただくサポーターも募集します。サポーターのお子様は、その講座を優先的に受講できます。
  • 各講座の受講、ならびにサポーターへの申込みは、下記リンク先の申込みフォームよりお願いいたします。

フォームボタン [table id=5 /]

 

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

『夏休み夢学校』申込みフォーム

 『夏休み夢学校』 参加申込みは終了いたしました。

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

夏休み夢学校

例年、夏休みに開催していた「なつの学校」ですが、今年度は「夏休み夢学校」と名称を変え、夢プロジェクトとして開催する予定です。

現在、有志のプロジェクトスタッフが、内容や運営方法を検討しています。現時点での経過報告については、下記のリンクをご参照下さい。

夢学校経過報告

また、先日実施した「夢学校アンケート」にたくさんのご回答をいただき、どうもありがとうございました。集計結果については、下記のリンクをご参照下さい。

夢学校アンケート集計

なお、現在検討中の運営プロセスを下記のリンクから公開しています。運営側の負担を軽減しつつ、できるだけ多くの講座を開講できるよう検討していますので、ぜひご意見をお寄せ下さい!

夢学校運営プロセス(案)

Top