著者:ボランティアセンター ウェブマスター

松丸亮吾さん監修『ナゾトキ大会』ご報告

2021.3.21
6年生の卒業式を目前に2020年度PTO最後のイベント『ナゾトキ大会』が開催されました!

この企画を考えてくれたのは謎解きクリエイターとして子どもたちに大人気の松丸亮吾さん(あのテレビで有名な松丸くん!)
松丸さんの会社RIDDER社がコロナ禍で行事などが中止になっている子供たちのために‼と、企画・協力してくれました。

大雨のなか、登校した子供たちは誰もがみんなワクワクした顔つきで受付をし、それぞれの待機場所へ。
大会開始の15:00。校内放送からは「僕が誰だかわかるかな?…松丸亮悟です!」の声にざわつく子供たち。
松丸さんの「スタート!」の声と共に校内に散りばめられたナゾを探して解いていく。
「スタートから10分が経ちました。第○問…」なんと!放送からもナゾが降りかかる!

終了時間まで必死にナゾを探し、考える子供たち。あっという間の制限時間30分が終わり、体育館へ。

答え合わせをして、何位だろう~とドキドキしていたら、な・なんと!松丸さんの登場!!!
体育館は熱狂の渦!お隣のお友だちの膝に倒れ込む子も!

松丸さんは得点の良かったチームのひとりひとりと会話をしてくれ、子供たちの目はキラキラと輝いていました。

最高得点を獲ったチームは50点満点中49点!
6年生のグラスホッパーチームと6年生担任の先生チーム
松丸さんもこんなに高得点が出るとは!と驚いていました。

その後、子供たちと会話をしながらナゾトキの解説をしてくれたり、楽しいトークタイム。松丸さんへの質問タイムでは

Q.なんでナゾトキをそんなに作れるの?

A. 小3の頃、IQサプリって番組がやっていて、そこでナゾトキが面白い!って思って図書館でナゾトキの本を借りて解いていたんだけど、とうとう図書館にあるナゾトキの本を全部解いちゃったんだ。借りる本がなくなっちゃったから、自分で作るようになったの。それが小4のころだったんだ。
好きなことを続けていると、どんどんできるようになってくるよ!

松丸さんの小学生時代のお話もしてくれました。

参加してくれた子供たちにとって、忘れられない思い出になりますように。

企画・協力 RIDDER株式会社

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

オンライン版夏休み子どもまつりご報告

8月23日に行われたオンライン版『夏休みこども夏まつり』企画。

今年は夏休みが短いうえに、楽しい行事が軒並み取り止めになり、毎年恒例の嶺町小「夏休み子どもまつり」も中止。こんな時期だからこそ、子供達に楽しい夏の思い出を作って欲しい!! 感染のリスクを避け、諸般の事情に配慮しながら、どんな企画なら実現可能かなぁ、とみんなで考えていた時、一人のパパが「子供と一緒にロケットを飛ばしたい!」という熱い想いを語ってくれたのです。

早速、嶺小パパさんずとPTO夢プロジェクトが手を組んで、夏休み最後の日曜日に、オンライン版の夏休み子どもまつりを開催することが決まりました! すぐにパパさんずが中心になって企画を具体化し、当日の運営も担ってくれました。

こうやって、やってみたいことを形にできるのが嶺町小PTOの特色でもあり、大きな魅力の一つ。そのための予算もあるし、協力したい人もたくさんいるんです。

当日は思わぬゲリラ豪雨に見舞われましたが、子供達に笑顔を! 大人達に感動を!みんなの頑張りがあって、企画は大成功!参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

PTO 年会費口座引き落とし日変更のおしらせ【1-3年生】

※ご兄弟がいる方は、1番下のお子様の該当学年のお便りをご覧下ください

著者:ボランティアセンター ウェブマスター

PTO 年会費口座引き落とし日変更のおしらせ【4-6年生】

※ご兄弟がいる方は、1番下のお子様の該当学年のお便りをご覧下ください

Top